teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. おいでよ!ぴょんぴょんクラブ(0)
  2. 彼女募集中☆(4)
  3. 日記掲示板(10)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:93/1794 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: Ferrari SF71Hのhaloについて

 投稿者:tw  投稿日:2018年 3月19日(月)15時46分30秒
  通報 返信・引用
  留守にしていました。返信が遅れてすみません。
仰る通りで、サイドプロテクター側のサイドポッド上面のシャークルーバーは無くて、
代わりにハロの内側の黒色部分から排熱している様に観えますね。私は気付けませんでした。

フェラーリの空力的な狙いは、車体を横から見て、標準のハロ形状だと、
ハロ上側の気流が、ハロ後方への低めた形に上手く沿わずに剥離して抵抗になって且つリヤウイングへの気流が乱れたり、
かと言って小型の渦巻き発生フィンを着けて剥離を防止すると、今度はリフトが生じたりで、ハロは基本的に空力の邪魔になります。

そこで今年のフェラーリは、ハロをチムニー化する事によって、
ハロ周囲の気流を無理にハロに沿わせる事はやめて、代わりに排熱を供給してあげて、
ハロ後流の剥離を軽減し、不利なリフト(誘導抵抗)も発生させずに済ませてあるのだと考えられます。

たぶん以前のマクラーレンのサイドポッドの様に、SF71Hのサイドポッド内の熱交換機を通過した熱気は、
上下S字にリバースする流路を経て、ハロの位置まで排熱を持ってきているのかなと思います。

これは巧みなアイディアで、ハロ導入1年目でこれだけの事ができるのだから、
今のフェラーリには良い空力デザインのアイディアマンが居るんでしょうね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:93/1794 《前のページ | 次のページ》
/1794